「ごっくんして」はありかなしか

どーも、さなです。

彼女に「ごっくん」して欲しいな~
そんなこと思ったことありませんか?
でも言ったら嫌われそう…
言いにくい…
なんとなくそう思ってしまう方も多いと思います。

 

好きな人ならなおさら嫌われたくないし、
言いたいけど、言いにくいですよね。

そこで今日は、「ごっくん」は女子的にありなしか
書いてきたいと思います!!

 

基本的になし

 

結論からいうと、基本的にほとんどの女性は「ごっくん」を嫌います。
逆に好きという女性のほうがレアケースです。

調査によると、SEXのとき精子を飲める割合は、年代別で見ると、20代12.1%、30代13.5%とどちらも1割と少ししかいないことが分かる。

参考シラベエ

つまり、20代女性と付き合った場合、8人に一人のくらいの割合しか飲んでくれる人はいないということです。
かなり少ないですよね。

 

なぜ嫌なのか

なぜそんなに「ごっくん」を女性は嫌うのでしょうか。

苦い

男性の方で、ご自身の精子、または、ほかのだれかの精子を
味見したっことがある人って少ないと思います。

なかなかそんなことしませんよね。

 

精子って、本当にまずいんです。(笑)
ちょっと苦くて、後味も最悪です。
のどに残ります(笑)

これ、飲まないとわからないと思うのでいうのですが、
精子はまずいです。繰り返しになりましたが、それくらい伝えたかったです(笑)

本当に、間違っても強制で飲めとか言わないでくださいね!
ほとんどの女性にとって「ごっくん」は苦痛なわけですから(笑)

 

あと、「精子は肌にいいんだよ」とか言って飲ませたがる方いますが、
男性都合のでっち上げな気がしてならないのでいい印象ではないです。
これも、女性に言うのは控えましょう。

 

ごっくんしてくれる確率が上がる方法

 

そんなこと言われても、「ごっくん」されるのは男の夢なんだ!!
という声が聞こえてきそうなので、(笑)
ごっくんしてくれる確率が上がる方法をお教えします。

まず、なぜ女の子は無理をしてまで、
ごっくんをしてくれると思いますか?
(ごっくんが好きな人は例外です)

 

それは、あなたの喜ぶ顔が見たいからですよね。
あなたのことが大好きで、喜んでほしいから、
女の子は無理してまで、あなたの要求にこたえようとしてくれます。

つまり、あなたのことが好きというのが前提です。
あなたも、好きな人が嬉しそうにしてくれるなら、
なんでもやってあげようと思ったことありませんか?

女の子も一緒です。
普段から、その子を大切に扱ってあげる。
あなたのためなら、何でもしたい!
そう思わせられたら最高ですね!

 

でも、そんなのハードルが高い!
そう思ったあなたにも使える方法もお教えします!

「返報性の法則」ってご存知ですか?

これは、人間の持つ心理の一つで、
人に何かしてもらったら、そのお返しをしなけらばならないと思うという法則です。
しかも、そのお返しというのは、もらったものよりもいいもので返そうと思うそうです。

つまり、あなたがごっくんしてほしかったら、
いつも以上に愛撫をたくさん時間をかけて丁寧にやってあげたり、
女性器を舐めてあげたり、、
そういうことをすることで、女性はあなたに何かお返ししないといけないと思うはずです。

 

これに、先ほど言った、あなたのことを大好きにさせておく。

この2つが出来れば、ごっくんしてくれる確率は格段に上がるはずです!

難しい人は、「返報性の法則」これだけでも、意識してやってみることで、
女の子の反応が変わってくるはずです!